トレーダー/社畜
くらげ
くらげと申します。投資歴は7年目になります。社会人とトレーダーの兼業しています。海外バイナリーオプション業者に関連する記事作成を主にしています。
\ Follow me /
基礎知識

バイナリーオプションとは?歴史も知ってより深く知識を身につけよう

投資経験が豊富なら、バイナリーオプションは未経験でもその大凡の仕組みを理解している事でしょう。

投資経験がこれまで一度もないとしても男性雑誌や経済誌他にはネット記事などで株やFXなどに混ざって、バイナリーオプションの宣伝広告などを一度は見かけた事があるはずです。

今後の厳しい景気・経済情勢では投資金も少なく済みルールも簡単なのである意味で素人投資家にこそ相応しいバイナリーオプションを知識として入れておいても良いのではないでしょうか?

上手くいけばお金を増やす事ができますし仮に失敗をしてもバイナリーオプションは損失を限定できるので、危険性が少ない投資方法として注目を集めています。

初心者の方でも分かるように丁寧ながら詳しい解説をさせていただきます!

バイナリーオプションとはどんな投資なのか?

株やFXなど投資全般に言えるのは小難しい専門用語やカタカナ語が飛び交いますが、要するに上がるor下がるの予想をしてそれが当たれば利益で外れると損失となります。

当選確率は50%なので半分は儲かると簡単に想像できますよね。

確かにその通りなのですが落とし穴があって

  • 手数料(またはスプレッド)
  • 買値と売値の違い

などが発生して結果的には単に取引を繰り返すだけでは、投資家が損をするようなシステムが出来上がっています。

株やFXだとポジションを保有する事での心理的圧力が押し寄せてきます。利益が出ているなら、長期保有も良いものでしょう。

損失を長期間保有するとどうなるでしょう? 毎日憂鬱となり、酷くなると仕事なども手につかなくなります。

投資は危険だと大勢の方が声高に主張するのです。では時間的な苦痛がまったくない投資があったとしたらどうしますか?

バイナリーオプションは競馬やサッカーくじのように、終了時間が決まっているのですぐに判定結果が出ます。損失を抱えて眠れなくなるなどの状況は、絶対に起こりません。

投資金額以上の損失もないので最も健全な投資となるのがバイナリーオプションなのです。

バイナリーオプションの簡単なルール説明!

国内業者と海外業者、それに国内業者でもそれぞれ毎に取引時間などで多少の違いがあります。今回は初心者の方が最初に始めるであろう国内業者の基本的なルールについて解説します。

  1. 通貨ペアを選択する。米ドル/円などいくつか用意されている。
  2. 選択した通貨ペアの値が上がるか、それとも下がるか予想し、取引枚数と投資金を賭ける。
  3. 判定時間になり、予想当たれば利益となり、外れると損失となります。

少し混乱するのは、バイナリーオプションは国内業者の場合、GMOクリック証券は「外為オプション」、FXトレード・フィナンシャルは「バイトレ」、みんなのFXは「みんなのオプション」と、この様に名称が統一されていません。

同じバイナリーオプションでも、操作方法や取引方法、取引単位(金額)などが微妙に異なりますが、結果として少額取引で、上下どちらに動くか予想するのはまったく同じです。

バイナリーオプションの歴史はまだ浅い

バイナリーオプションとは、デリバティブ取引内のオプション取引の一つとなります。

オプション取引とは一体何なのかという疑問が起こりますよね。以下に簡単にまとめてみました。

デリバティブ取引の種類は先物取引、オプション取引、スワップ取引

  • 先物取引には商品先物(金、銀、とうもろこし、原油など)、日経平均先物など
  • オプション取引にはバイナリーオプション(通貨など)、日経平均オプションなど
  • スワップ取引には金利スワップ、石油スワップなど

正直に分類が複雑ですし分かり辛いです。

バイナリーオプションはデリバティブ取引のオプション取引に分類されると理解しましょう。

国内のGMOクリック証券などは通貨取引だけですが、海外業者などの場合は他にも株式なども扱っています。

日経平均などは先物とオプションの両方で扱っています。スワップ取引は、プロ投資家専門と言っても過言ではありません。

普通の個人投資家は取引していないですし、扱う個人投資家向けの業者も存在しないはずです。

バイナリーオプションはオプションから派生した歴史があると分かります。そもそも歴史は新しく、2003年に金融商品化したのが始まりです。

その後は、イギリスのIGホールディングスによって2009年からは日本でも本格導入されリスク(損失)が限定される事から、ジワジワと人気を拡大していき現在に至ります。

バイナリーオプションの金融庁からの位置付け

投資は何かと怪しい噂が付き纏うので、バイナリーオプションについても半信半疑で危険・詐欺などと信じている人もいるのではないでしょうか?

断言できるのは金融庁が正式にオプション取引、派生するバイナリーオプションを認めています。

さらに国内最大手のGMOクリック証券が取り扱っているので怪しく不審な点は皆無です。騙されたや怪しいなどの声がネット上にあるのも、事実です。

一部の海外業者など無登録でバイナリーオプションを扱っている業者には、十分に注意をする必要があるのです。

海外業者でも日本語対応している業者が多数あります。中には、海外業者のフリをした日本人を騙す専用の詐欺業者がいくつもあるのも事実です。

詐欺業者に共通するのは無認可であり簡単に儲かる事を強調したり、初回入金だけで高額現金プレゼントを謳ったりします。

入金すると出金できなくなる場合が多く最大限に注意をするべきですし、何より口座を開設してはいけません。

バイナリーオプションを始めたIG証券は真っ当な業者ですが、その後にいくつも登場した中には国内外を問わずに怪しい業者があるのも事実です。

国内業者でバイナリーオプションを現在扱っているのは、”GMOクリック証券みんなのFX”など大手ばかりです。

何よりも「信託保全」が金融庁によって義務化されているので確実に安心できると断言できます。万が一、業者が破たんをしても預けた資金が戻ってくるようになっています。

バイナリーオプションは怪しいのか

バイナリーオプションを調べていると、両極端な意見が多い事に気付かされます。これは、株やFXよりもさらに多く、その事が初心者などに誤解を生みだしている要因となっています。

ヤフー知恵袋を覗いてみるとより顕著で【絶対に儲からない】や【誰でも儲かる可能性が高い】と相反する意見があります。余計に混乱を生じるのでしょう。

バイナリーオプションがこのような両極端な意見で埋め尽くされるのは、偏に投資としての歴史が浅いからです。株などよりも怪しい業者が多数存在するのも要因です。

投資なので絶対に儲かるとも損するとも言えません。手法さらに時代背景(景気が良いなら株などは上がる事が多い)なども関係してきます。

確かに、怪しい業者があるので口座を開設して取引すると危険なのは事実です。国内の真っ当な業者でも詐欺や損をすると言う前提なのは、あまりにも暴論ではないでしょうか?

一定時間後に価格が上がるか下がるかだけなので運が良ければ素人でも勝てますし、何よりコツを掴めばさらに連戦連勝をする事もあります。

コツが来週や来月も通用する確率が極端に低いのです。

最終的には常に学習というか勝つための新しいコツを掴む努力が必要になります。この点を勘違いすると勝つのは困難ですし、難しいのも事実です。

一方、株投資などは最初にある程度の知識も必要ですが、景気が良いなど運が良ければ適当な銘柄を購入するだけでも長期投資で儲けてしまう事も可能です。

勝ってしまった自称投資家がバイナリーオプションの丁半博打のシステムを毛嫌い、ヤフー知恵袋で専門用語を並び立てて全面否定するのです。

投資をプロスポーツ選手に例えるときっと理解ができます。どんな一流選手でも怪我や老いなどで必ず引退をします。

それは、バイナリーオプションも同じである程度勝てるようになったら、それが半永久続くと誤解しないでキリよく手を引く事も考えるのです。

勝ち逃げという方法になりますが、投資で求められる本質なのです。

バイナリーオプションは取引時間が決まっているので、その様な状況を実は業者の方から提供しているのです。

バイナリーオプションを体験してみると案外勝てる

これまで通常のFXは何度も取引経験があるのですが、長期投資では塩漬けの損失を抱え、短期取引ではレバレッジ高い取引を繰り返し最後はナンピンや自棄になるなど、どうしても安定的な利益からはかけ離れた投資生活を送っていました。

そんな時に出会ったのが、GMOクリック証券のバイナリーオプションです。

同業者でFX取引をしていたので、当然存在は知っていましたが、FXの方が大きな値幅に当たれば利益も大きい事や、何よりも真剣に取り組んでいた事から、他の投資に走るのはまるで逃げているようで敬遠をしていました。

FXで勝てないのに、バイナリーオプションで勝てるとは思えなかったのです。

この考えは私だけではなく、きっと多くの株・FXトレーダーが共感してくれると思います。しかし、今になって思うと頭が固く、他の事を試そうとする柔軟性に欠けていました。

いくらやってもFXでは我を忘れて、感情のままに取引をして負けていたのです。

GMOクリック証券では入金の際に、最初は取引口座に現金が入り、そこからFXネオ取引口座に移動させます。

誤って外為オプション口座に入れたのです。もちろん、スグに修正して戻せるのですが、その時にふと、バイナリーオプションでも確かFXらしき取引が出来ると閃いたのです。

どのような取引方法なのか確認してみると1(FXで言う1lot)は千円から可能で、米ドル/円やユーロ/円などから通貨ペアを選択し、上がるか下がるか予想し、最後に取引枚数を決定するだけです。

後は取引時間が終了すれば自動で結果が出るので、とても精神的に楽です。

FXの場合はポジションを持っていると利益が出るともっと上がれー! と思い、少しでも下がると今決済するのかそれとも我慢するのか決断が常に迫られます。

しかし、バイナリーオプションは購入後はどんと構えてられますし、失敗をしても仕方がないと諦めがあります。精神的な余裕に繋がり次のトレードに好影響を与えるのです。

現在の通算した取引結果は、ややマイナスと言ったところですがFX取引を必死で毎日行っていた時よりは寝つきも寝起きも良いです。

何より、急激な値動きなどがあっても損失額が決まっているのは、本当に気持ちに余裕が出ると実感でき多くの個人投資家におススメしたいのが本心なのです!

初心者におすすめバイナリーオプション業者ランキング
  • ハイローオーストラリア

    バイナリーオプション業界で人気で初心者の80%の人が口座開設しています。その背景にはシンプルなプラットフォームなので初心者でも扱いやすいです。さらにライセンスも保有し出金は確実に出来ますので信頼性もあります。また短期取引のペイアウト率は平均すると他の業者より高いのも魅力なのでオススメです。登録無しで約10秒で出来るデモもあるので1度体験すると良いでしょう。
  • ザオプション

    ハイローオーストラリアの次に人気なのがザオプションになります。ザオプションにはデスクトップアプリという「取引と分析」を同時にできる高性能なツールが無料で使えることでしょう。相場の流れを読みながら取引チャンスが来るとすぐにエントリーできるため初心者~中級者向けの業者です。また約定力はかなり高いのでボラリティがある時でもエントリー出来ますのでおすすめです。
  • ファイブスターズマーケッツ

    ファイブスターズマーケッツは口座開設の際に本人確認がいらないので入金後すぐに取引が出来ます。入金もシェア率ナンバーワンの楽天カードが使用できるもポイント高いです。バイナリーオプションだけではなく「WowFX」というFXより勝てると言われる取引方法もあるので楽しめます。最大2週間までポジションを保有する事が出来ます。FXみたいに含み損はありませんのでマイナスになる事がないです。
こんな記事もおすすめ
基礎知識

FXとバイナリーオプションの違いを徹底解説

2019年3月21日
バイナリーオプションおすすめ優良業者の口座比較.ラボ
認知度を誇るFXと海外業者を使えば超短時間取引を繰り返せるバイナリーオプションについて、どちらが個人投資家にとって有意義な投資となり将来的に勝ちやすく利益を出やすいのか個人的な独断 …